出張マッサージのセラピストは細身の女性セラピストが良い

店舗型のマッサージ店との最大の違いは、タイ古式マッサージを依頼した時にセラピストが掴まる手すりがあるかどうかという違いがあります。セラピストが掴まる場所が存在しなければ、背中にかかる体重調整が難しいので、施術内容が不十分となりやすいです。そこで、タイ古式マッサージを出張マッサージで依頼したい場合には、なるべく小柄で細身の体重が軽いタイプのセラピストを選んでおけば安全です。全体重を背中にかけた時に、思い切った施術をセラピストも出来るので、加減しながら様子見の施術とは異なりダイナミックな動きも出来ます。安全面を考慮した上でタイ古式マッサージは行われるので、出張マッサージだからといって安全性に変わりはありません。セラピストが能力を最大限に発揮するためには、宿泊先のベッド構造を予めイメージしておくと良いです。セラピストの動きが怪しいと感じた時には、すぐにオイルマッサージへ切り替えても問題ありません。リンパマッサージについては、人により痛みを伴うことも多いので、セラピストへ依頼する際には互いの信頼関係が大切です。痛みの感じ方は人それぞれですから、本当に痛い状態であっても平気で我慢する人が少なくありません。出張マッサージで受けられるマッサージの種類は多いので、自分に最適なマッサージコースを選ぶと良いです。

ホームに戻る